【ご注意ください】9月から社会保険料が変わります!

平成26年9月分より、社会保険の保険料が変わります。
【厚生年金保険料】

平成 16 年の年金制度改正により、厚生年金保険料率が毎年 0.354%ずつ引き上げられます。
本年度も9月1日より上がりますので、9月分保険料より被保険者負担分の保険料率が以下のように変更となります。

8.560% → 8.737%

社会保険料の負担は、事業主と折半です。
事業主負担分も同様に、0.177%引き上げとなります。

 

【本年度の社会保険料の定時決定(算定)について】

本年度の社会保険料の算定に基づき、標準報酬月額(保険料の等級)が 9月分より改定されます。
新しい標準報酬月額に改定された上で、さらに上記の保険料率が適用されることになります。
健康保険料の料率は変更ありません。

9 月分給与の給与明細にて、新しい社会保険料のご確認をお願いします。

※7月、8月、9月の随時改定(月変)該当者の方は、本年度の定時決定(算定)は行われず、
随時改定(月変)の結果が引き続き適用されます。

 

>全国健康保険協会(協会けんぽ)の保険料額改定についての記事へ

>日本年金機構の保険料率についての記事へ